新着情報

SensingApp(センシングアップ)Ver0.3をリリースしました

 弊社GIAIE合同会社は、本日2021年7月1日に中小企業・工場向けの可視化サービス「SensingApp Ver0.3」をリリースいたしました。

 SensingAppは、大手ベンダーが提供するAWS(Amazon Web Services)、Azure、GCP(Google Cloud Platform)のようなクラウドのサービスです。IoT関連の人材が不足している中小企業、中小の工場の顧客に対して、専門知識がなくても、現在利用しているセンサー、若しくは新たなに設置するセンサーのデータをクラウドにアップロードして蓄積し、パソコンやスマートフォンでデータを閲覧できるもので、また予め設定した閾値を超えたときにアラート通知が届くサービスとなっております。

 昨今のコロナ禍において、リモートで現場の状況を知るニーズは増加しており、またDX(デジタル・トランスフォーメーション)の導入において、現場の可視化は必須となっている状況により、中小企業が手軽に現場を可視化できるサービスを開発し、ご提供を開始いたしました。

 従来、可視化サービスは、AWSなどのクラウドサービスを利用することが一般的ですが、その設定方法は大変複雑であり、中小企業が容易に導入できるものではありませんでした。SensingAppは、設定すべき項目を少なくし、デバイス側との通信もセキュアでありながらもシンプルにしているために、導入が容易になっております。

 弊社は、中小企業のデジタル導入のハードルを下げて、デジタル活用の恩恵を広くもたらすことを理念に、IoT関連の製品開発を行っております。ご要望がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 → SensingApp サービス紹介

 ※ 当サービスSensingAppではSSL通信を利用しており、第三者によって発行されたSSLサーバ証明書を導入することでデータを暗号化しております。

お問合せは下記までお願いいたします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]